安藤顕のブログ

ワックスフューチャースピードに関して

2012-10-23

今日、ATOMIC TEAMの佐藤 翔選手のスキーと富井 正一コーチ&選手のスキーをワックスフューチャーしました。佐藤選手は、今遠征中で、もう1本のスキーを帰国までにしっかりフューチャーし滑るスキーにとのリクエストがありました。富井 正一コーチ&選手に関しては、知る人ぞ知る国体優勝やFIS JAPANシリーズ等で活躍しコーチングにも定評あります。お互い滑るスキーに対しての貪欲さには、頭が下がります。

さて、ここでワックスフューチャーの説明を詳しく説明すると、スキーやスノーボードのベース面を皮膚いわゆる毛穴と思ってください。このたくさん毛穴の中に赤外線によりワックスをたくさん入れ、すぐ結果が出せる様にしたものです。フューチャーを使用する前にワクシングしますが、たくさんワックスを使用しても、フューチャーを使用するとベース面にもワックスがものすごく入る箇所と普通に見える箇所が必ず出てきます。この時、さらにワックスの補充を必ずし、均等にワックスが入るように調節します。つまり、全部の毛穴にワックスがゆきとどく様にします。1回4往復で行きも帰りも行い、しかも赤外線がWですので効果抜群です。佐藤選手のブログにも出ています。見てください。

http://ameblo.jp/sato-syo/

Category: ブログ

NEWストラクチャー

2012-10-22

試行錯誤しながら、長年の経験と勘で2種類のNEWストラクチャーを作りました。写真では見えづらいと思いますが、両エッジサイド1cmは、細かいストラクチャーが入っています。ただ、ほとんどツルツル状態です。センターウェーブになります。SL、GSに採用できますが、今回、ヨーロッパにTRに行く選手のGSに採用しました。これに、ワックスフューチャースピードをすると、ストラクチャーが浮き出て来て、一層良くなります。これで滑り込みながら雪になじませワクシングしていけばベストです。

 

 

Category: ブログ

Swiss Montana社カスパー・ケイサー氏

2012-10-07

今回、スイスのモンタナ社から定期点検の為、テクニカルマネージャーのカスパー・ケイサー氏が来日してくれました。特にストラクチャーに関してのミーティングも行いました。日本の雪質情報も伝え、今後のストラクチャー開発に反映してくれると思います。特に、昨年全中で優勝したストラクチャー(センターウェーブ)を説明したところ、ワールドカップでもATOMIC TEAMのベンジャミン・ライヒ選手のスキーも同じセンターウェーブで勝利したそうです。今後もこういった情報があれば、随時紹介していきます。

Category: ブログ